病院概要
外来案内
入院案内
検診センター
関連施設
採用案内
外来案内
初診の方
再診の方
予約診療
予防接種
内科・循環器内科・呼吸器内科・消化器内科・血液内科
外科・胃腸科・消化器科・肛門科
整形外科
リハビリテーション科
脳神経外科
耳鼻咽喉科
眼科
歯科

外来案内イメージ
外 科 消化器外科・肛門外科・乳腺外科・内視鏡外科・血管外科     平成29年10月現在

 

来院時、診療日・診療時間にお気を付けください。

午 前 受付時間 7:30~11:45 診察時間 9:00~12:00
 
外科
消化器外科
肛門外科
内視鏡外科
乳腺外科

鈴木(隆)

宮田 宮田 鈴木(隆) 宮田 宮田
(1・3・5)
鈴木(隆)
(2・4)
安藤 木下 安藤 萩原 鈴木(隆)
(予約のみ)
安藤
*10:00まで
      木下
血管外科     町田      
※医師名下の青い( )カッコ内の数字は診療を行う週です。
* 受付時間
(注1:検査施行のため、診察開始時間は9:30です。

午 後 受付時間 13:30~18:00 診察時間 16:30~18:00
 
外科
消化器外科
肛門外科
内視鏡外科
乳腺外科(注2
鈴木(隆)

宮田

宮田

鈴木(隆)

鈴木(隆)

休診
安藤 木下 安藤 萩原 木下 休診
       安藤
(予約のみ)
休診

当 直
外科医師 外科医師 外科医師 外科医師 外科医師 外科医師
注意)午後の診療開始時間は手術の状況により変更となる場合がありますのでご了承ください。
(注2:乳腺外科は木下医師のみです。
 当院外科は、現在常勤医師4名に大学からの非常勤医師を加えて、総合的外科診療を行っています。治療内容は消化器疾患が中心で、主として食道、胃、大腸、直腸、肛門などの消化管や、肝臓、胆管、胆のう、すい臓などの消化器の悪性、良性疾患の診療を行っています。特に、胃がんや大腸がんに対しては、早期発見を目的として、年間1200件(ドッグを含めると1500件)を超える内視鏡検査を行っており、患者さんの希望があれば、苦痛の少ない経鼻内視鏡も実施しています。
 また、女性が罹患するがんの第一位で年々増加傾向にある乳がんの早期発見のための検査(マンモグラフィーなど)や、救急外傷、腹膜炎など救急疾患の治療も行っています。もちろん、外傷や膿瘍(おでき)、皮膚腫瘍、ヘルニアなどの一般外科としての治療も行っていますし、季節的流行性の高い感染性胃腸炎(嘔吐下痢症)の治療も行います。
 最近では50歳以上の男性の半数以上が何らかの形で男性型脱毛症(AGA)をきたしていると言われており、当科でもAGAの治療が可能です。
 昨今、高齢化が進む中できるだけ低侵襲性の治療を目的として、胆石症に対しての腹腔鏡下手術や、消化管ポリープの内視鏡的切除、胃、大腸の早期がんに対しての内視鏡的粘膜切除術(EMR)などは積極的に実施しています。また、最近、慢性胃炎や胃潰瘍、胃がんとの関連が深いことが知られてきた『ピロリ菌』に対しても、
1) ピロリ菌の有無の検査
  ① 内視鏡による生検法
  ② 尿検査法
  ③ 呼気法
2) ピロリ菌の一次除菌および二次除菌まで
を、系統的に施行しています。
 消化器がんや乳がんなどに対しては当科でも、検査、手術、抗がん剤による治療は行っていますが、必要と適応に応じてがん診療の地域連携システムにより、近接する伊勢崎市民病院や県立がんセンターなどのがん診療連携拠点病院との連携をはかり、最善の治療を提供する努力をしています。また、これらの地域医療機関との連携により、がんの手術後の継続医療や緩和医療も行っています。
 以上、当科では外科的急性期疾患や慢性疾患への対応からがんの継続医療、緩和医療、さらに介護を含めた慢性期医療への移行まで幅広いニーズに対応できるよう心掛けています。
平成20年の当院での外来と健診(ドック)の内視鏡数
 
外 来
  健 診
上部消化管(胃カメラ)
941
1,032
下部消化管(全大腸、S状結腸カメラ)
204
401
外科的治療は開腹手術のほかに、早期胃癌や早期大腸癌に対しては内視鏡下での粘膜切除術(EMR)も実施しています。
平成22年の当院の手術数(カッコは悪性疾患)
総手術件数
168(20)
乳腺・甲状腺
1(1)
食道疾患
1(1)
胃疾患
9(4)
小腸大腸疾患
18(13)
肝・胆・膵疾患
8(1)
肛門疾患
8(0)
急性虫垂炎
14
ヘルニア
23
胃ろう造設術 32
腹腔鏡的胆のう切除術
内視鏡的ポリープ切除術
およびEMR
42
その他 11
 当科で手術を受けられる患者さんに対しては、ご家族も含めて、インフォームドコンセントの充実に努め、それぞれの患者さんに最も適した根治性とQOL(quality of life)の得られる手術の選択を心掛けています。