病院概要
外来案内
入院案内
検診センター
関連施設
採用案内
健診センター
概要
人間ドック
特定健康診査・特定保健指導
生活習慣病予防健診(協会けんぽ)
各種法令健診・その他健診
バス巡回健診
健診センターイメージ
バス巡回健診とは
 巡回健診は医師、放射線技師、看護師、検査技師や検査助手などが事業所にバスを持ち込み行う健康診断です。最低でも1年に1度、事業所にて行われる定期健康診断ですが、通常は医療機関の施設にて行います。
 しかし巡回健診の場合は健診スタッフが事業所へお伺いし検査を行います。よって実施期間を数日内に定め一斉に受診させることで受診率を高めることができると共に、健診結果などが統一されるため、管理を容易にするという利点があります。
 巡回健診では各種法令健診を始め生活習慣病予防健診(協会けんぽ)等、各団体・保険者様ごとの保健事業コース(独自コース)にもご提案、ご案内させていただいております。
バス巡回健診をご利用されるための条件
 巡回健診を実施するためには、健診車の駐車スペースの確保、実施スペース(会議室・食堂等)の確保、20名前後の受診者数(要相談)の最低3の条件が必要です。
 巡回健診は一般バスを改造した特殊車両、健診車を持ち込んで行います。車両の大きさも検査によって違い、X線撮影を行う検査が胸部X線のみの場合は中型のマイクロバス程度の大きさとなり、胃部X線撮影(バリウム検査)が含まれる場合は大型バスの大きさとなります。また心電図検査につきましても中型の循環器車をご用意できます。
 各種法令健診・生活習慣病予防健診等の検査項目からもお分かりいただけると思いますが、受付作業(本人確認・健診項目等の確認)や採血、内科診察を含めた、身体計測・視力・聴力・血圧測定等のいわゆる計測作業の検査を行います。これらの検査を行うために事業所内にそのスペースを確保する必要があります。
 また巡回健診の実施にあたり一番心がけていることは、待ち時間の少ないスムーズな健診を目指すことです。各検査で並ばずに受診してもらうことのみならず、検査と検査の間でスムーズな流れを考えて行うことが重要となります。ただし一応に早く行うことではありません。検査ごとに標準となるクオリティーがありますので、最低限必要な時間を確保しつつ行うことが必要です。
 これらの様に巡回健診を円滑に実施するために、当センターの営業担当等との事前打ち合わせを行い、事業所様にご満足していただけるバス巡回健診を実施していきます。
健診会場例
健診会場例
  • レントゲン以外の計測、心電図検査、診察、採血は貴社の会議室、食堂等をお借りして行います。
  • 万が一、貴社の会議室、食堂等のご準備が出来ない場合には、事前の打ち合わせ時にお申し出ください。
  • 健診車を駐車できる場所がない場合でも、道路使用許可をお取りいただけば実施できます。
健診センターお問い合わせ