病院概要
外来案内
入院案内
検診センター
関連施設
採用案内
健診センター
概要
人間ドック
特定健康診査・特定保健指導
生活習慣病予防健診(協会けんぽ)
各種法令健診・その他健診
バス巡回健診
健診センターイメージ
特定健康診査
 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、内臓脂肪の蓄積により脂質異常症、高血圧、高血糖が重複した状態のことです。これらを放置しておくと動脈硬化が急速に進行し、心臓病や脳卒中などを引き起こす危険性が高まります。特定健康診査はこのメタボリックシンドロームに着目した健康診査です。
 特定健診の実施内容としては、「基本的な健診の項目」と「詳細な健診の項目」に大きく分けられます。「基本的な健診の項目」には、腹囲測定・LDLコレステロール・HbA1cが新たに加わります。一方、心電図・眼底検査・貧血検査がこれまでの健診診査の必須項目から外れ、一次検査の問診時や過去の検査結果等を踏まえ医師の判断により実施される「詳細な健診」の項目となります。また特定健康診査実施後、問診と結果のリスクに伴い階層化(保健指導実施者の選定)が行われ、その後の加入保険者による特定保健指導実施者の選定へと繋がっていききます。
基本的な項目
  • 22項目からなる質問票(服薬歴、喫煙歴等)
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
  • 血圧測定
  • 理学的検査(身体診察)
  • 検尿(尿糖、尿蛋白)
  • 血液検査
    ・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
    ・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
    ・肝機能検査(AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTP)
詳細な健診
  • 心電図
  • 眼底検査
  • 貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)
健診センターお問い合わせ